メニュー

金賞最優秀イノベーションデザイン賞佐世保市長賞

シルエットアートと生花の出会いSilhouette art meets floristry

コンセプト

生花と空間を飛び交うシルエットフラワーの装飾が交じり合い、全体へと通じるトンネルを創り出す「花の世界」をご堪能ください。シルエットアートと生花が出会う場です。

異種の花材の融合によって創る私特有の「花の祭典」、異次元の世界へと続く「花の夢トンネル」のような空間を創りたいと思います。訪問者は、廊下をトンネルとして使用することで、ハウステンボスの様々な異空間にアクセスできるようデザインしました。特殊な紙で作ったシルエット形の花飾りを部屋中に散りばめています。

この輝く夢の世界へ足を踏み入れた途端、花飾りは水鉢の中の生花と相まって、統一感が生まれます。各所を照らす照明は幻想的な光を演出し、壁を心持ち透明に変貌させます。背景の小さなスピーカーからは、静かで美しい旋律が訪問者の耳に届きます。テーマに沿い、視覚のみならず聴覚も刺激するという遊び心を入れてみました。

過去の作品

ドイツ

Björn Kronerビョルン クローナ

参加項目

世界大会(空間デザイン部門)

受賞歴
    ドイツ・ナショナルチャンピオンシップ2014金賞
紹介文

ドイツのヴェストファーレン生まれ。フローリストとして花店に勤めた後、2003年にグリューンベルク市で著名なフローリストPeter Assman氏に師事し、翌年フラワーデザインにおけるマイスターになる。その後の2年間、アメリカ、日本、スペインを渡り歩き、フラワーデザインの講師を務めるとともに、クリエイティブ分野の製品プレゼンテーションにおいて経験を積む。

2005年、ノルトライン=ヴェストファーレン州で開かれたフラワーデザインの州大会における優勝を皮切りに、2006年には全独チャンピオンシップ大会の決勝にて第3位を獲得。2008年にフリーランサーのアーティストとして独立後、ドイツ内外にて数々の展示会、スクール、ワークショップにて、最新のフラワーデザインを披露し、高い評価を得る。2012年、ヨーロッパ地域で活躍する若手フローリストらと‘`Fleurops Junge Wilde´‘を結成。フローリストとして忙しい日々を送る最中、TVのモーニングショーなどレギュラー出演を果たす。

世界的なフラワーショーにおいてもめざましい活躍をしており、2010年のワールドチャンピオンシップにて第5位を獲得し、2014年のシンガポールガーデンフェスティバルでは金賞を受賞。若手ながらもフラワーデザインにおける知見の高さが認められ、2015年にベルリンで開催されたインターフローラワールドカップでは大会審査員を任されている。


主催

ガーデニングワールドカップ協議会
(佐世保市、日本フローラルマーケティング協会、一般社団法人日本花き卸売市場協会、公益社団法人日本エクステリア建設業協会、ハウステンボス株式会社)


共催

長崎県、佐世保市、朝日新聞社、中日新聞社、西日本新聞社、九州朝日放送、熊本朝日放送、鹿児島放送


後援

農林水産省、観光庁、長崎文化放送、大分朝日放送、広島ホームテレビ、一般社団法人 九州観光推進機構、一般財団法人日本花普及センター、
一般社団法人 長崎県観光連盟、 一般社団法人 長崎県造園建設業協会、一般社団法人 日本花き卸売市場協会、一般社団法人 日本自動車連盟九州本部、
一般社団法人 日本造園建設業協会、一般社団法人 日本ハンギングバスケット協会、 公益財団法人 佐世保観光コンベンション協会、
公益社団法人 日本フラワーデザイナー協会、日本フローラルマーケティング協会

The History Gardening World cup

  • ガーデニングワールドカップ2015
  • ガーデニングワールドカップ2014
  • ガーデニングワールドカップ2013
  • ガーデニングワールドカップ2012
  • ガーデニングワールドカップ2011
  • ガーデニングワールドカップ2010
ハウステンボス