メニュー

表彰結果光のナイトガーデン 特別展示(空間装飾) 世界大会(空間デザイン) ドレスデコレーション フラワーアレンジメント

テーブルデコレーション【13作品】空間デザインの参加デザイナー13組は、テーブルコーディネート作品も展示します。食卓をおしゃれに演出するヒントにも。

「にぎやかな秋の装い」

色とりどりのリボンでドレスアップされたテーブルの上には秋を代表する美味しさ 栗やぶどうにチョコレートを使ったスイーツ風❤リボンケーキで季節を感じる味わいを皆さまのお目目にお届けします! さぁパーティーの始まりです🎵

日本

Kie Abe阿部 喜恵

聖なる世界

木の実の出会いからザルツブルグへ クリスマスを迎える準備です。 星空に向かって聖なる夜を待ちます。

日本

Kakuhan Yamada山田 覚絆

ミスト(霞)

デザインに天然のフェルトを使用することで、家庭の食卓に居心地の良い雰囲気を醸しだします。寒い冬の夜には、ウールの毛布に包まってテラスに座り、熱いお茶を飲みながら美しい世界を静観できます。眼前には山々の狭間で夕霧が美しい層を成していく情景が広がります。

ロシア

Natalia Zhizhkoナタリア ジズコ

ボタニック

自然の恵みであり、そのひとつひとつが美しい植物。それらの意外な組み合わせをモダンな設定に置くことで、隠れ家のような雰囲気を創出します。

オランダ

Max Van de Sluisマックス ファンデスロイス

シルエットアートでディナー

交じり合う鋏で切り取った花飾りと生花。装飾に囲まれて頂く夕食。テーブルから中央へ、そして空中へと伸びるハンドカットの花飾りは、最後には丸い傘になるように意図しました。軽やかで開放的な構造は、生花と人工植物との完璧な調和を創り出します。

ドイツ

Björn Kronerビョルン クローナ

庭園内パビリオン

このテーブルデザインには空間デザイン作品“湖面に浮かぶ蓮の情景”で使用された素材を使用しています。正方形の蓮の葉の渦は、波飛沫と日本庭園「枯山水」の砂紋から発想を得ました。テーブルを囲む葉(ゲイラックス)は庭の植物を、テーブルの上に伸びる二枚の大きい蓮の葉は、高い樹木を表しています。樹木の下に飾られた花々は、小さな庭を創ります。全てのものがテーブルの上でひとつになり、さながら、寛ぎながら楽しいひと時を過ごす庭園内のパビリオンにいるかのように感じることでしょう。

マカオ

Cindy Chaoシンディー チャオ

豊穣

秋と言えば収穫、成熟、豊穣と言った言葉を連想します。木の葉が舞い落ち、丸い泉から溢れ出る様子は豊穣を象徴しています。

シンガポール

Anson Lowアンソン ロー

バティック

「バティック」とは、布地を蝋 で防染して文様を表すマレーシアの染色技法です。このバティックはテーブルマットに使用され、デザインの中心となります。多様な模様を生み出す花々を配置、また囲むことで空間を演出します。色彩はソフトですが生命力に溢れています。デザインのコンセプトの重要な点は、各々の構成要素の調和です。異なる色、形状やサイズの花々を繊細且つ慎重に選択することにより達成しました。

マレーシア

Caroline Looキャロライン ロー

ピープルズチョイス賞

レッドニュース

残念ながら昨今の新聞は暗いニュースで溢れています。 日々の暮らしにもっと花々を取り入れ、暗いニュースを情熱の赤い愛に変えましょう!

スペイン

Alex Seguraアレックス セグラ

花に乾杯

このアレンジメントを花たちに捧ぐ。 さぁ、花に乾杯を

フィンランド

Pirjo Koppiピルヨ コッピ

現代的なフローラルデザインを表現するため、色の流れと線の広がりによる力強い動きをデザインに取り入れました。また、タイ王室プロジェクト財団から提供されたドライおよびプリザーブド花材を使用し作品を特徴付けました。

タイ

Phubast Chesdmetheeプーバスト チェスドメシー

直線と曲線

私たちは自然の中において、自然が作り出す簡素さの知恵を学ぶことができます。そしてその純粋な形状の極致が竹です。“まっすぐ”な竹の一本一本に、やわらかな曲線を見ることができます。すべての竹に力強さと慎ましさを感じることができます。この作品は竹と新鮮な花のコントラストによる、不完全さの中の完全さを、またその美の儚さを表現しました。

オーストラリア

Bart Hassamバート ハッサム

コンセプト

木々の不思議な魔法…

エストニア

Yulia Medvedyevaユリア メドヴェディバ