メニュー

Harmony

コンセプト

このバルコニーガーデンは黄金比率(らせん状の幾何学模様に反映さています)の境界とシートを兼ねたもので作られています。とても葉の形に似たものです。
このガーデンの目的は、住人と植物を身近につなげ、境界をぼかし、植物と感覚的なつながりと幾何学的で調和したセッティングとを楽しめます。
輪郭を形成する植栽は、個別の生育条件に依存します。日陰を好む植物は、板材の間を縫うように生え、日向を好む植物は障害物のない場所で光に当たって育ちます。

過去の作品

ウクライナ

Tatyana Shynkarenkoタチアナ シンカレンコ

参加項目

世界大会(バルコニーガーデン)

紹介文

タチアナ シンカレンコはウクライナのキエフ出身。最初に数学の学位をとる。彼女のガーデンデザインへのアプローチは、自然に潜む幾何学模様の空間法則を探り当て、理解することから始まる。タチアナは黄金比率のような数学的なプロポーションや、水、空気、大地、光などから導かれる模様を辿りながら、作品に自然との調和を取り入れる。 雪の結晶、葉の雫、蜘蛛の巣、水面の反射、木漏れ日のような自然現象を注意深く観察する傍ら、自然が調和的な力で生み出すレースのような模様に関心を持ち、作庭に応用させ、会社名もレース ランドスケープスと名付けた。

施工会社


㈱高取造園土木

協賛・協力


槇原建設

ウォールドガーデン

株式会社 ユニソン

佐賀県造園協同組合

三田川金属
彩夢工房


主催

ガーデニングワールドカップ協議会
(佐世保市、日本フローラルマーケティング協会、一般社団法人日本花き卸売市場協会、公益社団法人日本エクステリア建設業協会、ハウステンボス株式会社)


共催

長崎県、佐世保市、朝日新聞社、中日新聞社、西日本新聞社、九州朝日放送、熊本朝日放送、鹿児島放送


後援

農林水産省、観光庁、長崎文化放送、大分朝日放送、広島ホームテレビ、一般社団法人 九州観光推進機構、一般財団法人日本花普及センター、
一般社団法人 長崎県観光連盟、 一般社団法人 長崎県造園建設業協会、一般社団法人 日本花き卸売市場協会、一般社団法人 日本自動車連盟九州本部、
一般社団法人 日本造園建設業協会、一般社団法人 日本ハンギングバスケット協会、 公益財団法人 佐世保観光コンベンション協会、
公益社団法人 日本フラワーデザイナー協会、日本フローラルマーケティング協会

The History Gardening World cup

  • ガーデニングワールドカップ2015
  • ガーデニングワールドカップ2014
  • ガーデニングワールドカップ2013
  • ガーデニングワールドカップ2012
  • ガーデニングワールドカップ2011
  • ガーデニングワールドカップ2010
ハウステンボス