メニュー

命の重なり Layers of a life

コンセプト

バルコニーガーデンは、実在の空間としてボリュームと形状のコントラストをデザインしています。鋭い線形と幾何学形状を反映する代わりに、バルコニーの有機的な形状とカーブが、執着のない感覚を作り出します。ガーデンは壁を作り、フェンスは植物を植える表面として使われます。水直の構造は植え筋を分ける役目をし、枠を与え、その下に潜む壁を隠します。

庭の構造物は、単一の素材が作られます.
これはフラットパック(折りたたみ組み立て家具)家具を組み立てるCNCカット仕様でデザインされています。ですので全てのパーツはバルコニーの外で制作でき、現地で短時間で組み立てればできます。予算に合わせていろいろは表層と素材、仕上げは使うことができます。

床は、若干グリッドでかさ上げされています。これにより、水直の構造体を立て、そして部分的に土を入れて植物を育てることができます。

陰影をつけたバルコニーの壁はシダやコケ、野菜、いろいろな種類の花などを支えて育てられます。とても魅力的な外観と香りがするでしょう。 

過去の作品

イギリス

Paul Henseyポール ヘンシー

参加項目

世界大会(バルコニーガーデン)

紹介文

Paulはロンドン南西のピーターズフィールドにあるデザイン会社Green Zone Designの代表デザイナーです。Green Zoneは個人邸宅から商業施設の景観設計までさまざまな分野で活躍しています。とくに最近では、公共スペース、商業施設および個人住宅を問わず、生きた植物をつかった植栽壁のデザインをする機会がとても多くなっています。そのデザインは、資材や植栽の使い方がとても斬新なことで知られており、人々を魅了し続けています。Paulは彼自身がデザインすることを楽しむのと同様に、クライアントにも彼のデザインした庭を満喫し、楽しんでもらいたいと強く望んでいます。Paulは、SGD(Society of Garden Designers)のメンバーで、その組織において審査委員長を務めています。ガーデンデザインとジャーナリズムの世界に飛び込む前、製品デザイナーとしてトレーニングを積み活躍していました。現在は教授としてポーツマス大学、ロンドンカレッジ・オブ・ガーデンデザインをはじめ、様々な大学でCAD(設計支援ツール)の指導に励んでいます。ガーデンメディア団体の会員でもあるPaulは、雑誌『ガーデンジャーナル』で毎月、施工法やガーデンデザインについてのコラム執筆も行っています。Paul のCADと施工に関する知識はシリーズ本にまとめられ、近々出版される予定です。

施工会社


友建設

協賛・協力

SANTA ANA GARDEN


主催

ガーデニングワールドカップ協議会
(佐世保市、日本フローラルマーケティング協会、一般社団法人日本花き卸売市場協会、公益社団法人日本エクステリア建設業協会、ハウステンボス株式会社)


共催

長崎県、佐世保市、朝日新聞社、中日新聞社、西日本新聞社、九州朝日放送、熊本朝日放送、鹿児島放送


後援

農林水産省、観光庁、長崎文化放送、大分朝日放送、広島ホームテレビ、一般社団法人 九州観光推進機構、一般財団法人日本花普及センター、
一般社団法人 長崎県観光連盟、 一般社団法人 長崎県造園建設業協会、一般社団法人 日本花き卸売市場協会、一般社団法人 日本自動車連盟九州本部、
一般社団法人 日本造園建設業協会、一般社団法人 日本ハンギングバスケット協会、 公益財団法人 佐世保観光コンベンション協会、
公益社団法人 日本フラワーデザイナー協会、日本フローラルマーケティング協会

The History Gardening World cup

  • ガーデニングワールドカップ2015
  • ガーデニングワールドカップ2014
  • ガーデニングワールドカップ2013
  • ガーデニングワールドカップ2012
  • ガーデニングワールドカップ2011
  • ガーデニングワールドカップ2010
ハウステンボス