メニュー

ギャップをつなぐBridging the Gap

コンセプト

アバーグラズニー荘の睡蓮の池に着想しました。バルコニーは建物の古い部分の輪郭を見せながら、新しい素材を入れて、建物の過去と現在を表現しています。建物の内側と外側をつなぐ橋のようにデザインしていて、植物の組み合わせは眺め、香り、音、そして、建物の硬さを和らげで、安らげる場所を作り出します。植栽は強い質感と色彩のコントラストを持ち、特に光の弱い夕方に楽しめます。くつろげる空間になるでしょう。壁のくぼみは古い壁で、静かな壁噴水と一年中変化し、絵のような季節感を出す植栽を擁します。

過去の作品

イギリス

Tanya Batkinターニャ バトキン

参加項目

世界大会(バルコニーガーデン)

紹介文

植物や庭に並々ならぬ情熱を持つターニャ・バトキン氏は、優秀な成績でパーショア・カレッジを卒業。2011年度優秀学生顕彰にも輝いた。以来、Vergette社のデザインディレクターを務め、デザイナーとしてさらに力をつけ、地元レフォードシャーやウースターシャーで高く評価されている。地元小学校の庭園プロジェクト、ガーデニングクラブの設立、2014年のTenbury Wells ‘River of Poppies’プロジェクトと数々のプロジェクトを手掛けている。

カレッジ卒業のわずか一年後、Thrive and Perennial RGBSの協力のもとマルバーン・スプリング・フェスティバルにおいて、ガーデンタイトル” ‘Umbracious Palaces’でピープルズチョイス賞を受賞。RHSチェルシーフラワーショーやRHSハンプトン・コートガーデンショー、および個人委託のトレード&ナーセリー展示を担当。

重要文化財建築物から新築建物の庭園まで、ターニャ・バトキン氏は個々人のニーズに合った、感動的かつ、実践的な空間を創作することができます。ターニャ氏は単なる工房のガーデンデザイナーではなく、自分の手で庭造りを実践するガーデナーであり、植栽人である。設計、施工そして手入れまで、造園に関わる全ての行程について彼女がもつ知識と経験は、彼女をえり抜きのガーデンデザイナーの一人としている所以である。

施工会社

㈱浮羽園


主催

ガーデニングワールドカップ協議会
(佐世保市、日本フローラルマーケティング協会、一般社団法人日本花き卸売市場協会、公益社団法人日本エクステリア建設業協会、ハウステンボス株式会社)


共催

長崎県、佐世保市、朝日新聞社、中日新聞社、西日本新聞社、九州朝日放送、熊本朝日放送、鹿児島放送


後援

農林水産省、観光庁、長崎文化放送、大分朝日放送、広島ホームテレビ、一般社団法人 九州観光推進機構、一般財団法人日本花普及センター、
一般社団法人 長崎県観光連盟、 一般社団法人 長崎県造園建設業協会、一般社団法人 日本花き卸売市場協会、一般社団法人 日本自動車連盟九州本部、
一般社団法人 日本造園建設業協会、一般社団法人 日本ハンギングバスケット協会、 公益財団法人 佐世保観光コンベンション協会、
公益社団法人 日本フラワーデザイナー協会、日本フローラルマーケティング協会

The History Gardening World cup

  • ガーデニングワールドカップ2015
  • ガーデニングワールドカップ2014
  • ガーデニングワールドカップ2013
  • ガーデニングワールドカップ2012
  • ガーデニングワールドカップ2011
  • ガーデニングワールドカップ2010
ハウステンボス