メニュー

Driftwood Niche

コンセプト

アメリカ西海岸に位置するカリフォルニア州は5年間に渡り記録的な干ばつに見舞われ、これまでの干ばつの観測記録を塗り替えようとしています。この様な極端な水不足、乾燥状態においてもカリフォルニアの自生植物は活気に満ち溢れています。この乾燥した大地で繁栄を極める多くの植物達はドラマチックに変動する気温や水量(雨量)に順応し、カリフォルニアの景観を創り出してくれます。それらの植物は維持に手間が掛からず、生命力があり、難しい環境下でも回復力のある植物です。カリフォルニアの人々はこの様なカリフォルニアの自然・環境・植物の中に美を見出し、日常の生活の中でその風景を取り入れて楽しんでいます。

Driftwood Nicheは、荒涼とした北カリフォルニアの海岸線のʼ崖ʼに点在する生態系とその多様な自然風景から着想しました。ここでは生産的な微生育地を空中百メートルもの場所で育くくみながら垂直面の窪みで育ち共栄する植物たちがいます。この生態系ではその土地特有の鮮やかな多肉植物を含む花々が年中見られ、カリフォルニアの特徴的な風景を創り出しています。

またDriftwood Nicheはサンフランシスコベイエリアのユニークなライフスタイルのトレンド3つを紹介しています:地産地消のオーガニック食品、サステイナブルな素材・製品、インドアとアウトドアの暮らしの融合。バルコニーガーデンには、多種多様なハーブや野菜とその土地の色とりどりの花々が、簡易に取付け可能なリサイクルバッグの中で咲き誇りバルコニーとリビングスペースを明るく魅力的に繋いでくれます。バルコニーで簡単に家庭菜園が実現可能で、栽培するオーガニックなハーブや野菜を食生活の中に取り入れる事で生活をさらに豊かにしてくれます。また環境への意識の高いカリフォルニアの雰囲気を流木の利用や古材を再利用する形で表現しています。リサイクルバッグを設置する壁には再利用の古木材をランダムに張り、屋外のバルコニーに暖かい雰囲気を与えてくれます。土地の狭いサンフランシスコ・ベイエリアでは、居住空間も狭く生活するスペースは非常に貴重な空間です。カリフォルニアで見られる自然風景をバルコニーの壁部で表現しながら、バルコニーの床を最大限に有効活用し、リビングの延長としてサステイナブルでフレキシブルなバルコニーを創出しています。

過去の作品

アメリカ

Shuntaro Yahiro
Emily Schlickman
Ayaka Hosogaki Matthewsシュンタロウ ヤヒロ
エミリー シュリックマン
アヤカ ホソガキ マシューズ

参加項目

世界大会(バルコニーガーデン)

紹介文

ランドスケープアーキテクチュアの分野では世界最大手とも言える、米国SWA社所属のデザイナー デュオ。両者とも、環境、水系、都市計画、社会工学などのスケールより空間をデザインし、日本庭園の持つ繊細な感覚とディテールへのこだわりまでを活かす。メガプロジェクトや受賞経験豊富。

施工会社


緑化園

BON CHIC BON GOUT

協賛・協力


BON CHIC BON GOUT

Wooly Pocket

株式会社 テン

株式会社 上埜タイル

名古屋モザイク工業株式会社

Blue Bottle Coffee

西部電気建設株式会社

有限会社 田中製材所


主催

ガーデニングワールドカップ協議会
(佐世保市、日本フローラルマーケティング協会、一般社団法人日本花き卸売市場協会、公益社団法人日本エクステリア建設業協会、ハウステンボス株式会社)


共催

長崎県、佐世保市、朝日新聞社、中日新聞社、西日本新聞社、九州朝日放送、熊本朝日放送、鹿児島放送


後援

農林水産省、観光庁、長崎文化放送、大分朝日放送、広島ホームテレビ、一般社団法人 九州観光推進機構、一般財団法人日本花普及センター、
一般社団法人 長崎県観光連盟、 一般社団法人 長崎県造園建設業協会、一般社団法人 日本花き卸売市場協会、一般社団法人 日本自動車連盟九州本部、
一般社団法人 日本造園建設業協会、一般社団法人 日本ハンギングバスケット協会、 公益財団法人 佐世保観光コンベンション協会、
公益社団法人 日本フラワーデザイナー協会、日本フローラルマーケティング協会

The History Gardening World cup

  • ガーデニングワールドカップ2015
  • ガーデニングワールドカップ2014
  • ガーデニングワールドカップ2013
  • ガーデニングワールドカップ2012
  • ガーデニングワールドカップ2011
  • ガーデニングワールドカップ2010
ハウステンボス