メニュー

最優秀作品賞金賞植栽賞

Floating Garden / 水上庭園Floating Garden

コンセプト

この“水上庭園”は、庭を構成する各要素が相互に作用しながら、タイ文化の視点で花の美しさを見せる、装飾的ウォーキングガーデンです。タイの伝統を取り入れながらもコンテンポラリーなガーデンが表現しているのは、バンコクの特徴である運河のイメージを介した花の旅です。

ボートと桟橋は運河を表し、豊富な水はタイの豊かな花文化を表現しています。また、人が造ったものと自然の要素が相互に結び付いていることから、人、コミュニテイ、アート、ガーデンとの密なる相互関係も表しています。ガーデンに広がるブルーやパープルブルーの様々な花々は水路を表しています。蕾から開花へと花の形が様々に変化することも、水面に目を投じるとわかるように自然体系や生命の無常というテーマにつながっています。

ボートに載せた黄色の花は“スワンナプーム”、つまり“黄金の土地”を意味しており、神秘の国と称されることの多いタイのイメージを反映しています。

私たちの目標とするものは、関連する抽象性や自然と文化の融合というテーマを、花を使って概念的に表現することです。“水上庭園”全体が国際的エキジビションのためにデザインされた庭です。

過去の作品

タイ

Wannaporn Pui Phornpraphaワナポン プイ フォーンプラファ

参加項目

世界大会(ショーガーデン)

紹介文

P Landscape (PLA) 創設者
米国・ハーバード大学デザイン大学院 景観設計修士号
タイ・チュラーロンコーン大学 建築学学士号

P Landscape (PLA)は、タイ・バンコクを拠点とする景観設計会社です。1997年に小さな設計事務所としてスタートしたPLAは、造園家、設計士、園芸家や芸術家をはじめとする、多様で、独創的且つ有能な個々の連携により、大規模な会社へと成長しました。

我々は、東南アジア地域及び国内外の最高級リゾート並びにホテルや住宅プロジェクトを専門にしています。これまで中国をはじめ、中近東、モルジブやフィジー諸島共和国のプロジェクトに携わってきました。

PLAが考える景観設計とは、土地の物理性や機能性をも超越する芸術であるということです。ただ単に現存する土地の環境や生態系を向上させるだけでなく、創造性や地域文化並びに伝統を融合するものだと信じています。人々と自然を繋ぐことが可能な媒体、それが景観設計だと考えます。我々の目的は、洗練され、経済的且つ持続可能を重視したデザインだけでなく、その土地らしさを活かした記憶に残るデザインを施主様に提供することです。

施工会社

株式会社亀﨑開楽園


主催

ガーデニングワールドカップ協議会
(佐世保市、日本フローラルマーケティング協会、一般社団法人日本花き卸売市場協会、公益社団法人日本エクステリア建設業協会、ハウステンボス株式会社)


共催

長崎県、佐世保市、朝日新聞社、中日新聞社、西日本新聞社、九州朝日放送、熊本朝日放送、鹿児島放送


後援

農林水産省、観光庁、長崎文化放送、大分朝日放送、広島ホームテレビ、一般社団法人 九州観光推進機構、一般財団法人日本花普及センター、
一般社団法人 長崎県観光連盟、 一般社団法人 長崎県造園建設業協会、一般社団法人 日本花き卸売市場協会、一般社団法人 日本自動車連盟九州本部、
一般社団法人 日本造園建設業協会、一般社団法人 日本ハンギングバスケット協会、 公益財団法人 佐世保観光コンベンション協会、
公益社団法人 日本フラワーデザイナー協会、日本フローラルマーケティング協会

The History Gardening World cup

  • ガーデニングワールドカップ2015
  • ガーデニングワールドカップ2014
  • ガーデニングワールドカップ2013
  • ガーデニングワールドカップ2012
  • ガーデニングワールドカップ2011
  • ガーデニングワールドカップ2010
ハウステンボス