メニュー

過去の作品

オランダ

Piet Oudolfピート ウードルフ

参加項目

特別展示

紹介文

ピート ウードルフは、‘ダッチウェーブ’(オランダの波)と造園家が呼ぶムーブメントの証人と言われる。そもそもダッチウェーブは、自然環境への関心の高まりとともに拡大し、‘ニューペレニアルムーヴメント’(新しい宿根草のムーブメント)として知られるようになった。
ウードルフ氏はデザインのことを‘構成’と呼ぶ。自然や生態系にインスピレーションを得て、庭や風景を設計する。野生、コントロールされていないカオス、自然の名残、そうでありながら決して自然へ回帰せずに‘構成’として残る:彼の自然な庭は、視覚的にも一年中魅力的だ。
「ああ、あのグラスばっかりのね」とウードルフ氏を語るときによく耳にする。グラスは彼のデザインの中でも大切なものであり、あながち間違っていないが、それだけと言うわけではない。グラスは植栽デザインの中にリズムと動きと結合をもたらすものである。植物の生態について膨大な知識を誇るウードルフ氏はまず、‘構成’を始めるにあたってリストを作成する。実際に彼自身も‘構成’を作成する作業を直感的に上手くいくDYIキットを、個々の庭やデザインへ用意するようなものと言う。
ウードルフ氏のデザインや作品については多くの本が出版されている。その多くが、イギリス人ジャーナリスト兼造園家のノエル キングズベリー氏が執筆し、近年では伝記 ピート ウードルフ ウンメロ(2015)、植栽デザイン(2015)(キングズベリー共著)がある。

【植物生産】
・大森カントリーガーデン
・野村農園

施工会社


㈱朝長緑化建設


主催

ガーデニングワールドカップ協議会
(佐世保市、日本フローラルマーケティング協会、一般社団法人日本花き卸売市場協会、公益社団法人日本エクステリア建設業協会、ハウステンボス株式会社)


共催

長崎県、佐世保市、朝日新聞社、中日新聞社、西日本新聞社、九州朝日放送、熊本朝日放送、鹿児島放送


後援

農林水産省、観光庁、長崎文化放送、大分朝日放送、広島ホームテレビ、一般社団法人 九州観光推進機構、一般財団法人日本花普及センター、
一般社団法人 長崎県観光連盟、 一般社団法人 長崎県造園建設業協会、一般社団法人 日本花き卸売市場協会、一般社団法人 日本自動車連盟九州本部、
一般社団法人 日本造園建設業協会、一般社団法人 日本ハンギングバスケット協会、 公益財団法人 佐世保観光コンベンション協会、
公益社団法人 日本フラワーデザイナー協会、日本フローラルマーケティング協会

The History Gardening World cup

  • ガーデニングワールドカップ2015
  • ガーデニングワールドカップ2014
  • ガーデニングワールドカップ2013
  • ガーデニングワールドカップ2012
  • ガーデニングワールドカップ2011
  • ガーデニングワールドカップ2010
ハウステンボス